• サイトマップ
  • 法人情報
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

心花春について

ご挨拶

ここ(心花春こはる)で暮らす入居者の方だけでなく、ご家族の皆さま、職員、その家族が―――
人と人のつながりを感じられ、安心できる居心地の良い場所となれますように。2018年4月に、施設名が新しくなりました。

心花春(こはる)

『ご入居されている皆さまの心の中に、色とりどりの自分らしい花を咲かせられるような時間を共に過ごしたい。そして、花が咲き誇る春のような毎日と感じられる施設となりたい』と、職員が想いをこめて、考えた名前です。この名前のような、 “ほんわか・ほっこり” とした、温かみのある施設を目指しています。

基本方針

~心花春(こはる)の8つの想い~

心花春(こはる)に関わる皆さまの笑顔のために

笑顔、思いやり、責任、信頼、チームケア、身だしなみ、地域福祉、幸福

笑顔
一人ひとりの「笑顔」を絶やさぬよう、豊かな感性と、的確な判断力、深い洞察力を持って、入居者の方のニーズにお応えします。
思いやり
入居者・ご家族・職員一人ひとりに対し、「思いやり」の心を持ち、心豊かな暮らしが送れる温かな施設を目指します。
責任
安全で安心な生活が送れるよう、専門職としての「責任」を果たし、職務上知り得た情報についてプライバシーとセキュリティを守ります。
信頼
社会との「信頼」関係を築くために、関係法令、契約事項を遵守できるよう、共通認識を持ち、業務遂行に努めます。
チームケア
個々に果たすべき職務を遂行し、助け合い、補い合い、共に向上していきます。
身だしなみ
場に適した「身だしなみ」、言葉使い、ふるまいを心がけます。
地域福祉
域の方々が安心して暮らせる環境づくりに取組み、積極的に「地域福祉」への協力・貢献をします。
幸福
心花春(こはる)に関わるすべての人々の「幸福」を心から願います。
ページ上部に戻る↑